Robert La Roche original vintage eyewear are unworn glasses dating back to the Seventies, Eighties and Nineties.

Designed with a focus on aesthetic detail, they were painstakingly produced with artisan methods by small manufacturers, using the highest quality acetate – a hypoallergenic and renewable natural material based on cotton fibres. Materials were created and order-made for Robert La Roche, allowing a rich and unique range of colors.

Due to its aesthetical quality and limited availability, Robert La Roche Vintage Eyewear has always been a sought-after collector’s item.

In 1986, Robert La Roche entered the Japanese market with his eyewear, mainly working with independent, fashion-oriented optical shops, while Edwina Hörl introduced her first collection in Japan in 1996.

The two Austrians have a long friendship dating back to days, when they met in Vienna, and in 2017 they decided to cooperate and match Robert La Roche vintage eyewear with Edwina Hörl collections.

The models shown are selected from La Roche´s private archive, to match with the spring-summer 2022 collection ‹out of balance›.

ロバート・ラ・ロッシュのオリジナル・ヴィンテージ・アイウェアは、70年代、80年代、90年代に作られた未使用のメガネです。
綿繊維をベースにした低刺激で再生可能な天然素材である最高品質のアセテートを使用し、細部の美しさにこだわってデザインされ、小さなメーカーで職人によって丹念に生産されています。素材はロバート・ラ・ロッシュのために、オーダーメイドで制作されたもので、豊かでユニークなカラーバリエーションを可能にしています。
ロバート・ラ・ロッシュのヴィンテージ・アイウェアは、その審美的な品質と希少価値により、常に人気の高いコレクターズ・アイテムとなっています。

1986年、ロバート・ラ・ロッシュは、主にファッション性を重視するインディペンデントな眼鏡店と協力し、日本市場にアイウェアを導入しました。

オーストリア人の二人は、ウィーンで出会った当時から長い友好関係にあり、2017年には協力し、ロバート・ラ・ロッシュ アイウェアとエドウィナホールのコレクションを合わせることにしました。

2022年春夏コレクション「out of balance」に合わせて、La Rocheのプライベートアーカイブからセレクトしたモデルを展示します。