The German word for shirt, «Hemd», comes from the word «hemidi», which originally meant skin or husk.
A well-made half shirt is, in and of itself, an artifact like any product, but it is a forceful one.
The half-shirt grows to oversized proportions, and this expanded material can be arranged around the body in all sorts of ways: draped, knotted, fastened.

A long history speaks for experimenting with the shirt:
The elements of a conventional shirt begin to «wander»: a collar becomes a suspender, a giant cuff slips to the edge of the dress or skirt… Formal asymmetry is deliberately created. A new group of combinations emerges, generating countless possibilities. Shirt hybrids. Bastards.

シャツ«HEMD»はドイツ語の«HEMIDI/HEMEDI»に由来する言葉で、もともとの意味としては「肌•皮」や「覆い•カバー」を表すものでした。
丁寧に作られたシャツの半分は、それ自体が一つの製品となり得るアーティファクト(人の手によって作られたもの)で、強い存在感のあるものです。
半分のシャツは大きすぎるほどにまで大きくなり、その拡張された素材としての物質は、あらゆる方法で身体に添い、トレープや結び目を作りながら様々な形をとります。

シャツの長い歴史は、その試みの歴史である:
元はただ普通のシャツの一部であったものが「動き出し」、襟であった部分はストラップに、巨大な袖口はドレスやスカートの裾に変わる....そして、非対称敵な形が意図的に作り出されます。そうやって新たな組み合わせが生まれ、それが無数の可能性を作り出します。ハイブリットなシャツ、掛け合わされたものとして。